留学から海外就職まで、クリエイターの未来をサポート

よくある質問 無料留学相談

質問カテゴリー: インターンについて

日本でインターンシップをしながらWEB制作を学んでいました。カナダでも同じように学びながらインターンとして働きたいと思っているのですがご紹介いただけますでしょうか?

お仕事のご紹介は可能です。しかし、インターンシップに付いてですが、日本におけるインターンは、どうしても『学ぶ期間の延長線』という見方が強い印象がありますが、北米圏におけるインターンとはその殆どが『即戦力』を求める傾向にあります。その為、スキルや言語力といった面は、基本的にはインターン前にある程度、仕事上での戦力としてカウントされる程度には習得して置く必要がある事が多いです。

そして、スキルや言語力以前の問題として、特に大きな壁はやはり私達外国人(日本人)なら避けて通れない『ビザ』についての問題が大きく「カナダ人であれば無条件で雇う事が出来るのに、外国人であればビザのサポートをしなくては成らない」という現状が、どうしても雇用主の方々から見た時にブレーキとなってしまう事が多々あります。

その為多くのFrogを利用されているクリエイター留学生は、英語/スキル、そして就業期間(ビザの期限)の確保という課題をクリアするために、まずはカナダの専門学校へ通う方が大半となっています。

一部の、既に実績やポートフォリオがこちらの会社でも認められる高いレベルに居る方についてはその限りではありませんが、その場合は先にポートフォリオを拝見させて頂き、お話を進めさせて頂くようにしています。

インターンシップはどのように見つければ良いですか?学校やエージェントなどが紹介してくれる物もあるようですが。

Frogよりご紹介するインターン等のご案内には、まずスキルレベル、ポートフォリオ、英語力のテスト、面接対応力などを見させて頂き、その上でインターン先のご紹介をさせて頂く場合もございます。

ですが、インターンを受け入れる企業側の目線に立った時、長期で滞在する可能性も低く、「学校の依頼だから」という理由だけでインターンを受け入れる多くの業務は、日本での就業にあまり役立たない場合がある事も多いのも事実です。

インターンの定義も、日本と違い、基本的には即戦力を求める傾向にあるため、日本に居た頃と同じように『学びの延長戦』という認識でインターンを探す事を控えるようにと、Frogではご提案させて頂いております。

そのため、弊社ではインターンの探し方や、インターン期間を半年以上の期間に渡って提供している学校等と連携し、ご相談者様にあった形でのインターンを実現出来るよう、努めさせて頂いております。

質問検索

お知らせ

業務/規模拡大のため、新オフィスへ移転しました

Frog利用者のめちゃめちゃリアルな留学後インタビュー

バンクーバーでクリエイター留学の相談会を定期開催

無料相談

Frogではメールまたはスカイプによる無料の留学相談を行っています。
海外で活躍できるクリエイターとなるための様々な情報共有だけでなく、
勉強方法や就職までの流れ等もご相談承っておりますので、お気軽にご相談ください。

開催予定のイベント 無料留学相談


Frog Office
Suite225 – 314 West Cordova Street, Vancouver

ニュースレター

Frogの最新情報や、留学・就職に関する情報を随時配信しています。お気軽にご登録ください。