留学から海外就職まで、クリエイターの未来をサポート

よくある質問 無料留学相談

留学費用

クリエイターとして留学される方はその留学方法が実に様々です。スキルと英語力向上のため学校へ通う場合もあれば、就職への足がかり的に専門学校へ通う人も少なくはありません。Frogでは現在の英語とスキルの両方を考慮した上での留学に必要な費用例をご紹介いたします。

一年間の留学に必要な料金例

項目 値段 備考
学費 150万円〜 IT/WEB系の学校へ1〜2年通った場合の平均値
生活費 140万円〜 生活費については後述
航空券等の諸経費 20万円〜 航空券やビザの申請費等

一年間の留学でアルバイトした場合の収入

一年間専門学校に通った場合、週に20時間までの就労が許可されています。

項目 値段 備考
アルバイト収入 100万〜150万円 週20時間のアルバイトを行った場合の収入

一般的な一ヶ月の生活費

項目 値段 備考
家賃 8万円〜 一ヶ月の家賃平均
交通費 1万円〜 一ヶ月の定期券を購入
食費 2万円〜 基本自炊
その他 1万円〜 雑費、交際費など

学校毎の費用例

専門学校にも私立/公立、学校入学に必要な英語力を伸ばすための語学学校などによって必要な学費は様々です。ここでは各学校の種類と説明、平均的な費用例を挙げながら説明します。

州立のカレッジ/大学

州立工科大学のBCITにてWEB Development関連のコースを就学する場合の例。卒業後はポストグラデュエーションワークパーミットと呼ばれる就労ビザ(オープンワークパーミット)が取得可能となります。(ポストグラデュエーションは2年間就学した後、3年間の就労ビザが発行されます。)2014年6月からはビザ制度の改定により、学生ビザであっても受講期間中に週20時間までであれば働く事が許可されています。(但し、入学条件が非常に厳しい場合が多く、別途語学準備期間が必要な場合があります。)

学費 200万〜 期間1年間

BCIT等のカレッジの費用については選択するコースにより金額が大きく異なります。詳しくはお問い合わせください

私立専門学校

IT/WEB関連の専門学校を1年間受講する場合の例。その内の半年間はコーププログラムによりインターンシップ生として働く事を目的としており、2014年6月からはビザ制度の改定により、学生ビザであっても受講期間中に週20時間までであれば働く事が許可されています。

学費 100万〜 期間1年間
実際の請求書の例

語学学校(ESL)

基本的には英語を習得するための学校を3ヶ月間受講する場合の例。1週間単位で入学できる学校も有り。
種類としては、カレッジへ入学するためのテスト対策コースや、様々な業界で必要とされる英語力を鍛えるためのコース、その他にもビジネス向け、日常会話向け等様々な種類のESLがあります。

学費 12万〜 期間1ヶ月
実際の請求書の例

留学タイプ別の費用例

スキルレベルや英語力、学校の種類やビザの期限などによって、留学に必要な費用は様々です。ここではその事例をいくつかご紹介します。

スキル/英語の両方を留学先で習得する一年間の合計費用

246万円

専門学校入学のための英語力、そして専門学校に入って少なくとも半年間はスキル向上に集中し、半年後からバイトを始める事を考えた場合に必要と仮定される費用例です。
項目 値段 備考
語学学校費 -36万円〜 3ヶ月程語学学校にかよった場合の料金
専門学校費用 -150万円〜 2年間私立の専門学校へ通った場合の費用
(後半は有給インターンのためカウントせず)
生活費 -140万円〜 1年間の生活費
航空券/諸経費 -20万円〜 航空券や保険等の費用
収入 +100万円〜 アルバイトや学生の制作案件で得られる収益
合計 -246万円〜
英語もスキルもゼロから習得する場合には、その分必要となる費用も期間も大きくなってきます。また、ここではアルバイトをしている事を前提に料金設定しておりますが、英語圏でのアルバイトに、学校での課題や、コネクション作りのためのMeetUp参加等を考えると、最初の一年は多忙になることが予想されます。生活に余裕を持たせるために、アルバイトを削る方も少なくはありません。ただし、専門学校の多くは2年目からは有給のインターンシップ期間となるため、無事に初年度に英語とスキルを確かな物にできれば、2年目からはプラスに転換する場合が多いです。

高いスキルと実績を持って海外就職する場合の一年間の収支例

+192万円

海外で通用する高いスキルと実績をお持ちの方で、英語のみを中心に学ぶという方の費用例です。
項目 値段 備考
語学学校費用 -48万円〜 4ヶ月程語学学校にかよった場合の料金
生活費 -140万円〜 1年間の生活費
航空券/諸経費 -20万円〜 航空券や保険等の費用
収入 +400万円〜 新入社員の外国人WEBデザイナーが
一般的に得る初年度の年収例
合計 +192万円〜
日本でクリエイターとしての高い実績とスキルをお持ちの場合に、海外での就労経験を得るために渡航された場合の例です。語学学校期間で様々なコネクションを作り、ワーキングホリデーに入ってからどれだけ就職活動期間を必要とするかによりますが、カナダにおけるクリエイター職の年収は初年度から比較的高く設定している所が多く、無事に就職できれば初年度から留学費用をカバーするだけの収入が見込めます。ただし、英語圏におけるクリエイター職のレベルは高く、留学当初から相当レベルのスキルを必要とします。

英語力と海外経験がある方がスキル習得のため留学する一年間の合計費用例

210万円

留学経験等があり、英語力については自信があるという方が専門学校へ行きスキル習得を検討する場合の費用例です。
項目 値段 備考
専門学校費用 -150万円〜 2年間私立の専門学校へ通った場合の費用
(後半は有給インターンのためカウントせず)
生活費 -140万円〜 1年間の生活費
航空券/諸経費 -20万円〜 航空券や保険等の費用
収入 +100万円〜 アルバイトや学生の制作案件で得られる収益
合計 -210万円〜

サイト内検索

簡単お問い合わせ

お知らせ

最大で$300のスキルアップのための支援金制度の実施について

FrogからWEB制作案件のご紹介を開始、スキルアップや収入元として

バンクーバーでクリエイター留学の相談会を定期開催

無料相談

Frogではメールまたはスカイプによる無料の留学相談を行っています。
海外で活躍できるクリエイターとなるための様々な情報共有だけでなく、
勉強方法や就職までの流れ等もご相談承っておりますので、お気軽にご相談ください。

開催予定のイベント 無料留学相談


Frog House #1
4904 Rupter Street, Vancouver

Frog House #2
28 61st Avenue, Vancouver

ニュースレター

Frogの最新情報や、留学・就職に関する情報を随時配信しています。お気軽にご登録ください。