留学から海外就職まで、クリエイターの未来をサポート

よくある質問 無料留学相談

よくある質問

日本で専門学校へ行くべきか、カナダで専門学校へ行くべきかで迷っています。どちらの方が良いでしょうか。

将来的にカナダでの就労を考えているのであれば、間違いなくカナダの専門学校へ行くべきでしょう。理由はカリキュラムの内容以前に、就労期間が得られるという点からです。

例えば、カナダで州立の専門学校へ通い卒業する事ができればポストグラデュエーションビザと呼ばれる就労ビザが発行されますし、私立の学校であってもCoopプログラムを持つ学校へ通うと現地就労の機会が与えられます。

将来的に海外で働きたいという意思がある上で、専門学校へ通うのであれば、その国の専門学校へ通った方が良いのは、こうした機会が得られる可能性があるからです。
また、現地で弊社へ訪れる相談者の方の、「就職できない」という方の問題点の多くは、英語やスキルではなく、ビザ問題であることが大半です。

英語やスキルであればFrogからのアドバイスで改善する事はありますが、ビザはどうしようも無いため、そうした専門学校等の機会を経て就労体験の期間を伸ばしてもらう事は、日本に帰国を考える上でも、海外就職を果たす上でも大きなアドバンテージになることは間違いないでしょう。

ただし、これは日本であろうが海外であろうが同じですが、「専門学校へ行ったからプロになれる」とは思わないようにというアドバイスは、Frogの目的が『世界で通用するクリエイターのサポート』である以上、させてもらうケースは非常に多いです。

もともと、クリエイティブな業種、中でもWEB/IT関連のお仕事は日進月歩で技術が進化し続ける業態です。今年教えて貰ったスキルは来年使わなくなっている可能性もあります。また、学校で教えられるレベルの人がシリコンバレーに通用するようなレベルであることは、Bootcamp等を覗いて極めて稀です。もし教えてくれる先生がシリコンバレーで働けるレベルなのであれば、学校で教えるよりも制作現場に出た方が100%稼ぐことが出来るからです。

そのため、Frogでは日々のスキル向上と勉強方針に対してのアドバイスの時間としても、現地相談会の時間を設けていますので、是非勉強の方針に迷ったりしたら、スキル面を含めいつでもご相談ください。

日本でインターンシップをしながらWEB制作を学んでいました。カナダでも同じように学びながらインターンとして働きたいと思っているのですがご紹介いただけますでしょうか?

お仕事のご紹介は可能です。しかし、インターンシップに付いてですが、日本におけるインターンは、どうしても『学ぶ期間の延長線』という見方が強い印象がありますが、北米圏におけるインターンとはその殆どが『即戦力』を求める傾向にあります。その為、スキルや言語力といった面は、基本的にはインターン前にある程度、仕事上での戦力としてカウントされる程度には習得して置く必要がある事が多いです。

そして、スキルや言語力以前の問題として、特に大きな壁はやはり私達外国人(日本人)なら避けて通れない『ビザ』についての問題が大きく「カナダ人であれば無条件で雇う事が出来るのに、外国人であればビザのサポートをしなくては成らない」という現状が、どうしても雇用主の方々から見た時にブレーキとなってしまう事が多々あります。

その為多くのFrogを利用されているクリエイター留学生は、英語/スキル、そして就業期間(ビザの期限)の確保という課題をクリアするために、まずはカナダの専門学校へ通う方が大半となっています。

一部の、既に実績やポートフォリオがこちらの会社でも認められる高いレベルに居る方についてはその限りではありませんが、その場合は先にポートフォリオを拝見させて頂き、お話を進めさせて頂くようにしています。

私はWEBデザイナーなのですが、カナダではどういったスキルが求められているのでしょうか?今後どのような進路でスキルを伸ばすべきか、参考にさせて頂ければと考えております。

WEB業界は日進月歩で進化する業界であるため、昨日学んだスキルが来年も必要とされる保証はありません、ですが、傾向として、日本で働いていた多くのWEBデザイナーの方々は、プログラミングに対する拒否反応が大きい印象が強く、少なくともWEBデザインの表現方法を突き詰める上で、JavaScript等のプログラミング言語は必要不可欠な物となってきております。

また、デザイン面についてはその人のセンスや能力が北米圏の必要とする水準に居ることが望まれますが、その場合でもUIを中心とした人々への説得、根拠の提示は日本以上に求められる傾向にあると思った方が良いでしょう。

加えて、日本ではUXという言葉が一人歩きしているかのように見受けられますが、本来UXという分野が担当する分野は、デザインだけに留まる事はありません、当然開発面に関する深い知識が必要となるのは勿論の事、ライティング、モバイル、事業全般に対する理解も必要なため、日本でのUI/UXデザイナーと呼ばれる人たちがカナダに来ていきなりUX担当者として通用するという事例は過去にありません。

WEBデザイナーも同じで、HTML/CSS/Photoshopを使って画面デザイン出来るだけでは、コミュニケーション、インタラクティブデザイン、UIの改善、その他多くの場面において力不足と認識され、そのレベルであれば東南アジア諸国へのアウトソーシングで事足りてしまうのが現状でしょう。

そのため、カナダでWEBデザイナーとして活躍するためにはまず、現地のMeetUpなどから多くのWEBデザイナー、UIデザイナー達との交流を図り、そこから逆算して自分のポジションを認識し直す事が必要不可欠であると、Frogではご提案させて頂いております。具体的なスキルの話は、そこから詰めていく方が理解も早まると、私達は過去の事例からそう結論づけました。

短期留学の場合、どういったスケジュールなのか、どこまで得られるものがあるかなど。

WEB制作、海外生活についての体験期間とし、1ヶ月の短期留学をFrogよりご案内させて頂いております。詳しくはFrog SchoolのWEBサイトよりご確認ください。
Frog Schoolについて

もちろんFrog School以外にも、短期間で効果的な学びを得られるよう、ご相談者様個人に合わせたご提案をさせていただく事も可能です。

住む場所はどのように探せば良いですか?

Frogから住居のご提案については2パターンのご提案をさせて頂いており、一つはホームステイ、そしてもう一つがFrogが運営しておりますFrog Houseのご案内です。

Frogがご案内するホームステイに関しては、一般のホームステイ紹介では行き届かないデスク周りやネット回線等に可能な限りの配慮を行き届かせたホームステイ先のご紹介が可能です。詳しくはお問い合わせください。ホームステイ手配料として$250の費用をご負担頂いております。基本的に全てのホームステイが英語環境でのやり取りとなりますため、英語力のブラッシュアップ期間としてご利用いただく方もいらっしゃいます。

加えてFrog Houseに関しては、主に日本からカナダへクリエイターとしての経験を積む事を目的に留学した方が集まっており、各々の目的は違えど、クリエイティブな業界で生きていくという思いを持った仲間が集まるシェアハウスとなっています。 制作環境は完備、高速インターネット、作業専用デスク、チェアを取り揃え、共同開発/勉強環境も用意。クリエイター関連のワークショップやMeetUp(有料/無料)を数多く行い、まさにクリエイターとしての一歩を踏み出すに相応しいシェアハウスとなることを目指しています。
Frog Houseについて

学校通学中の相談、生活の相談、卒業したあとの就職先の相談等も乗っていただけるのでしょうか?

もちろんです。生活相談や一般的な疑問については平日いつでもご相談に来ていただいて結構ですし、Frogではバンクーバーのダウンタウンにて毎月第二、第四金曜日に現地の方専用の相談会なども開催しておりますので、何か技術的相談、就職、今後の方針等についてもいつでも相談に来ていただく事が出来ます。
現地留学相談について

カナダの専門学校への入学を検討しているのですが、費用はどの程度用意しておけば良いのでしょうか?

学校にかかる費用として、大きく変わってくる要因となりえるのが以下の3点についてとなります。

  • 現状の英語力
  • 現状のスキルレベル
  • 学生期間中に働くことを希望されるか
  • 学びたい業種

英語力が低い場合、専門学校へ入学するための語学力をどうするかという点で費用がかさむ場合もありますし、スキルレベルによっては学校とプラスアルファの講座をオススメする場合もあります。また、バンクーバーのあるBC州の規定で(専門学校であれば)学生期間中も働く事が可能ですが、その場合は働くだけの余裕のある学校を選ぶ必要が出てきますし、当然業種によってもその学費が大きく変わってきます。WEB関連は比較的低コストな学校のチョイスも多いですが、映像、グラフィック関連になると一年の学費だけで300万円を超える物もあり、非常に高額となります。

詳しくは、以下の料金事例のページもご参考にして頂き、お問い合わせください。
留学費用について

若い内に海外へ行って学んだ方が良いか、日本で経験を積んでから渡航した方がよいか迷っています。何かアドバイスをもらえますか?

両方のパターンで良い例もあれば悪い例もあります。若い内に海外へというパターンは吸収力が非常に高く、英語、技術と両方を伸ばすという点では非常に意味はあると思いますし、ワーキングホリデーが利用出来る点では就職先の幅も広げられる可能性が高まります。っですが、バンクーバーは娯楽が少なく若い人には向かないとされる面もあり、常に学びの姿勢を保っていられるかという点では、社会経験のある人に分があるケースもあります。

また、日本での経験は、カナダでの就職活動においても少なからずメリットとみられる可能性もありますが、日本と違いWEBやクリエイティブな業界で、日本での職歴や経歴の持つ意味は本当に微々たる物である場合も多いため、日本で10年の業界経験があったとしても、そのスキルレベルによっては初心者とみられる事も多々あります。

ですが、どちらのパターンにしても、可能な限り海外就労での可能性を広げるために『3年間は滞在出来るプランを』とオススメしているFrogとしては、出来れば平均値として28歳前後を一つの区切りとして渡航いただくのが、過去の就職者データベースを参照する上で、ビザ取得の面で有利に働く傾向にある場合があります。

カナダへ留学を検討しており、ゆくゆくは仕事をしたいと考えていますが、トロントとバンクーバーのどちらがオススメですか?

現状はWEB/IT/グラフィック関連での就労を遂げた方は圧倒的にバンクーバーの方が多いのが実情です。それはいくつかの理由があります。

  • 大企業が多い:トロントはカナダ随一の大都市であり、その分大企業の活動範囲が多い地域になるのですが、基本的に大企業が私達外国人に対して、ゼロから就労ビザのサポートをしてくれる事は稀です。外資系にお勤めの経歴や、圧倒的スキル等があれば話は変わってきますが、外国人の身の上から大企業への挑戦を成功させて事例は過去遡っても非常に稀となり、比較的スタートアップ/中小企業が多いバンクーバーの環境は、私達外国人の就労条件としては向いてる企業規模が多いのが理由の一つです。
  • 人口が多い:トロントの人口は約550万人、バンクーバーは約210万人程とされていますが、基本的に外国人の就労を求める地域の特徴として、専門技術を持った『人材の不足』が理由となる場合が多く、人材が不足していない、すぐに採用活動を行える大都市であるトロントと、バンクーバーではその事情が変わってきます。
  • 理想の学校が少ない:トロントでWEB制作を学ぶとなると基本的には大学、またはブートキャンプのような選択肢が一般的かと思われますが、バンクーバーには私立公立ともに1年〜2年程の期間通うことの出来るプログラムを持った学校が非常に多く、選択肢が多い事も理由の一つです。(VFS、BCIT、VanArts、ITD、CICCC等)

加えて、北米西海岸という立地も手伝い、特に映像/ITにおける就職事情などを考慮するとバンクーバーを登竜門とし、永住権獲得後にトロントや他の地域に渡る人が多いのが一般的です。

日本でWEB制作をしていたので、スキルに対し不安は少ないのですが、英語が全く出来ません。何から手をつければ良いですか?

“英語力向上に対してはいくつかの提案のパターンがあります。一つは、日本国内に居る時から可能な限り独学で勉強すること。または、自分を追い込むという意味で海外で語学学校へ通う事。ただし、この場合はカナダだけでなく、フィリピン等の他国を含めた語学留学をご提案しております。

または、カナダの場合は観光ビザでも数ヶ月の語学学校へ通う事は可能なため、まずは観光ビザで訪れて語学学校へ通い、その中で次の行動をFrogと共に検討するという手段もご提案する事があります。

ですが、単純な語学学校一つとっても、その後のプランによって大きくその内容が変わってきます。

語学学校の後、ワーキングホリデーを利用して就活という事であれば、語学学校期間にどれだけ時間を見つけ、現地の雇用者達とのネットワークを広げるかに注力していただく場合もありますし、語学学校の後、専門学校で専門的な会話が英語でも出来るようになりたいという方は、語学学校でアカデミックな面から学ぶ必要があります。

皆様それぞれに語学の習得方法は変わってくると思いますので、Frogでは皆様のポートフォリオや実績を元にして、親身にプランを考えていければと考えております。”

質問検索

簡単お問い合わせ

お知らせ

マーケターの皆様へ留学サポート開始!

最大で$300のスキルアップのための支援金制度の実施について

FrogからWEB制作案件のご紹介を開始、スキルアップや収入元として

バンクーバーでクリエイター留学の相談会を定期開催

無料相談

Frogではメールまたはスカイプによる無料の留学相談を行っています。
海外で活躍できるクリエイターとなるための様々な情報共有だけでなく、
勉強方法や就職までの流れ等もご相談承っておりますので、お気軽にご相談ください。

開催予定のイベント 無料留学相談


Frog House #1
4904 Rupter Street, Vancouver

Frog House #2
28 61st Avenue, Vancouver

ニュースレター

Frogの最新情報や、留学・就職に関する情報を随時配信しています。お気軽にご登録ください。